banner

色の組合せ

パンフレット作成は色の組み合わせがポイント

企業や会社にとって顧客となるべき人に知ってもらうということは重要なことであり、そのためにパンフレット作成を行っているところが多くなっています。インターネット全盛期であっても、紙媒体のパンフレットというのは信頼性や安心度があり、置いてあると企業イメージのアップにつながります。
ただしここで大切なのはパンフレット作成のポイントであり、企業や商品のコンセプトイメージに沿ったこと、さらに色の組み合わせが重要になってきます。

インターネットが広がってきて、情報収集となれば誰でもネットを介する時代となっています。それゆえ企業も宣伝や販促の場としてネットを利用して、ホームページやメールマガジンは最近では当たり前のものとなってきているのです。しかしながら全盛期といってもすべての人が慣れ親しんでいるわけではなく、また情報の更新が簡単にできるということは、信頼性にも欠けることに繋がり、あくまで一部としての宣伝効果となっています。
それゆえ今も紙媒体のパンフレットは重要な位置となっていて、パンフレット作成は企業にとって大切な仕事になっています。しかもパンフレットというのはしょっちゅう作るものではなく、一年を見越して作成されることが多く、いろいろな面で気をつけなけばいけないポイントが出てきます。
大切なのはどういった目的でパンフレット作成をするのかということで、企業の顔、PRとしてのものなら、目立つことも大切ですが企業イメージにそったものであることが必要です。コンセプトイメージ、そして色の組み合わせがポイントになってきます。色にはそれぞれイメージがあって、それらを上手く使い分けることで、企業としてのイメージアップや信頼度につながることがあります。目立つだけでは意味がなく、PRに加えて好感や信頼性といったものも顧客となるべく人に受けてもらいたく、デザインとカラーは大切なものになっているのです。

パンフレット作成において重要なのはどういった目的で作られるのかを明確にすること、そして企業や商品、サービスのイメージを壊すことなく、信頼性や好感をいったものを抱かせることが求められます。インパクトはあった方が印象に残ってPRしやすくなりますが、嫌悪感を持たれるくらいなら無難なものにまとめた方が良く、安心感は重要な要素になります。その時に活用したいのが色であり、それぞれ潜在的なイメージがあるので、上手く組み合わせることによって素敵なパンフレットとなります。

Copyright © 2017 環境を揃えてパンフレット制作をAll Rights Reserved.